がん保険に加入することで入院費や治療費、そしてそのための交通費もすべて支給されます

がん保険に加入することのメリット

がんは生活習慣要因の他にも遺伝的要因があります。
がん家系の方はがんのリスクが高い状況ですが、そんな方がよく加入しているのががん保険です。
がん保険は万が一がんにかかったときの金銭的なリスクを軽減してくれるのが一番のメリットです。

医療保険は様々な病気や怪我を対象にしていますが、がん保険ではがんのみです。しかしがんに特化することでがんに対しての保障が手厚くなっていると言うメリットもあります。
病院でがんと診断されたときは勿論のこと、再発したときにも保障が受けられます。
がん保険の中には先進医療特約を付けられるものがあります。

先進医療を受けるには高額な費用を負担することが必要です。先進医療の多くががんに関わっていますので、先進医療特約を付けておくとより安心です。
医療保険にも加入している方はがん保険のみに先進医療特約を付けて、医療保険には付けないことで保険料の節約が出来ます。

がん保険に加入してもすぐに保障が受けられるわけでは無く、90日間の待機時間が設けられているのが一般的です。
待機時間の間にがんにかかった場合は保障が受けられないことがあります。

慌てて加入する必要は無いですが、がん家系の方はなるべく早めの行動が良いです。
最近のがん治療では入院日数が少ない傾向が見られます。がん保険に加入すると通院でも支払限度日数の範囲で保障が受けられるので安心です。