反響型営業の七呂建設

やりがいを求めるならハウスメーカーがおすすめ

景気が回復してくるとともに、住宅産業が活躍する場面が増えてきます。リーマンショック以降景気は右肩下がりでしたが、ここ数年の景気回復により住宅購入を検討する人が増えているようです。
こうした背景を考えると、ハウスメーカーは就職先としておすすめといえるかもしれません。ハウスメーカーは一般企業に比べて給与も高額なので、上昇志向の強い人や結果主義の人におすすめの職場といえそうです。
ハウスメーカーの職種といえば真っ先に浮かぶのが営業職ですが、厳しい・キツいといったイメージを持っている人もいるかもしれません。
しかし、販売する商品価格が何千万ともなれば、顧客からの対応にも人一倍気を付けなくてはなりません。販売目標値も一般企業よりはるかに高額になるので、ハウスメーカーの営業はきついと思うのではないでしょうか。

結果がそのまま給与にはね返る

しかし、ハウスメーカーの営業は顧客から感謝されることも多く、結果を出せばその分だけ収入に反映されますので、やりがいを感じている営業マンも多くいます。年功序列や役職に関係なく、結果を出した人が報酬を受け取れるので分かりやすいともいえます。
最近では月給制のハウスメーカー営業などもありますが、その場合は結果が賞与に反映されることが多いようですが、歩合制の営業マンと比べると収入は下がることも少なくないようです。
負けず嫌いな人や競争好きな人は、ハウスメーカーの営業職に向いていると言えるかもしれませんね。

南九州エリアで探すなら七呂建設が狙い目

南九州エリアも数多くのハウスメーカーがありますが、中でも狙い目なのが鹿児島の七呂建設ではないでしょうか。七呂建設は全国成長率2位を記録しているほど、急成長を遂げているハウスメーカーで、事業をさらに広げている成長企業のようです。
ハウスメーカーはリピーター率が少ないですが、その代わり紹介された顧客からの発注率が高いことでも知られています。一般的には紹介率は15パーセント程度と言われていますが、七呂建設の紹介率は35パーセントと、大きく標準を上回っています。
また、七呂建設は鹿児島での知名度が高く、イベントを行えば多くの人が来場するので、営業先を探しにいく必要もないようです。
それに加え顧客からの紹介が多いので、七呂建設は完全反響型営業のみで営業活動を行っているそうです。七呂建設は創業も1960年と古いので、地元の顧客からも信頼を得ているようです。
ハウスメーカーは営業が厳しいと考えている人は、七呂建設に応募してみると考え方が変わるかもしれませんね。

参考サイトはこちら→→→七呂建設 公式Facebookアカウント

投稿日:

成長率の高い鹿児島のハウスメーカー・七呂建設

七呂建設の魅力

鹿児島エリアの発展に半世紀以上貢献してきた七呂建設は、南九州エリアでは知名度の高いハウスメーカーとして知られています。
長い歴史の中で鹿児島の大型工事などにも関わり、住宅事業では顧客のニーズに対応した提案を行ってきたことで、鹿児島の人々から信頼を得るようになりました。
テレビコマーシャルや広告を活用したことで知名度も上がり、現在では鹿児島エリアだけでなく宮崎県や熊本県にまで事業を拡大しています。
一般的なハウスメーカーは住宅建築における金額表示は曖昧になることが多いですが、七呂建設はこれまでの実例を元に明確な金額表示を行うため、顧客が安心できると評価を得ているようです。
資金計画は早めに決めておきたいという人も少なくありません。七呂建設は金額が明確なので、安心して楽しく家づくりができるのが魅力だという人も多いようです。

七呂建設の成長率の秘訣

七呂建設は鹿児島で1960年に創業した老舗のハウスメーカーで、これまで培ってきた実績と2006年に加盟したイシンホームの商品力を活かし、着工棟数を増やしてきました。
鹿児島市民文化ホールや鹿児島アリーナ、県民交流センターなどの大きな規模の工事にも携わってきたことが、顧客への七呂建設に対する信頼に大きくつながっていったのではないでしょうか。
また、七呂建設は若手社員の成長意欲が強いことも、成長率を上げる手助けになったと考えられます。顧客からも社員からも頼れる存在になりたいと、自分磨きに励む社員が多く、その結果が現れたともいえるでしょう。

七呂建設の仕事内容

毎年新卒採用を行っています。また、営業職と工務職の中途採用も随時行っています。新卒採用で募集している職種は営業と設計、工務と広報です。
営業と工務の今年度の新卒採用予定は1名から5名程度で、昨年実績も同様になります。営業職の初年度月収はおよそ18万円程度で、工務と設計職は19万円程度になります。
求める人物像としては、顧客に自信を持って質の良い商品を提案し、誠実な仕事がしたい人、活躍したい意欲や学びたい気持ちを持っている人、地域に密着し長く活躍したいと思う人、専門知識や技術を学び、人に喜ばれる仕事がしたい人です。
七呂建設は集客率が高いため、営業がわざわざ顧客を探しにいったり、無理にプランをすすめる必要がありません。強い営業力を求めているのではなく、自身の知識を深め、顧客に誠実に対応できる人物を理想としているようです。
自分の営業成績より顧客の幸せを第一に考えることができる人は、七呂建設に向いているといえそうですね。

投稿日:

七呂建設でこだわりのマイホームを手に入れよう

マイホームを購入するなら最初に予算を決めること

景気が回復していることから、マイホーム購入を検討する人も増えているようです。しかし、後先考えずにマイホームを購入してしまうと、後悔することもあります。
マイホームを購入する場合、最初に決めなくてはならないのが予算です。自分たちの収入を踏まえ、どの程度住宅ローンが組めるか算出し、それからマイホーム購入を始めたほうが良いでしょう。
予算を考えずに土地探しから始めてしまうと、立地条件や土地面積ばかりを気にしてしまい、購入費用が高額になってしまうとこもあります。
せっかく気に入った場所で広い土地を購入できたとしても、残りの予算が少ないと狭くて小さな建物しか建てられなくなりますので、まずは総予算を決めて、どの程度の広さの建物を建てるかを決めましょう。
住宅費用が分からない場合は、ハウスメーカーのホームページで価格を確認したり、問い合わせをしてみると建物の金額予算をたてられます。
残り金額はそのまま土地代の予算へといきたいところですが、戸建を購入する場合、土地代と建物代以外にも諸費用が必要になってきますので、諸費用も含めて予算を計算するようにしましょう。

鹿児島で家を建てるなら七呂建設におまかせ

鹿児島でマイホームを購入する場合、やはり安定している企業や信頼度の高いハウスメーカーに家づくりはお願いしたいものです。
七呂建設は鹿児島で着工棟数がトップクラスのハウスメーカーで、顧客からの評価も高く紹介率も業界平均を倍以上上回っている、信頼できるハウスメーカーと言えるのではないでしょうか。
七呂建設は地元鹿児島でも老舗のハウスメーカーで、ハイスペックでハイクオリティなのにリーズナブルな住宅を顧客に提案していることで、多くの人から支持されているようです。
また、七呂建設は2006年よりイシンホームに加盟していますが、紹介率の高さから全国でナンバーワンの加盟店を獲得しています。

まずは資料請求から

七呂建設で家づくりを検討する場合、モデルルームや展示場へ出かけてみるのが一番ですが、近くにない場合は、まず資料請求から始めましょう。七呂建設の公式ホームページより資料請求、またはお問い合わせから資料を取り寄せることができます。
資料を見て気に入る商品があるようなら、展示場へ出かけるか、または近くの七呂建設に行き、資金計画や住宅に対する要望などを担当営業に相談してみてください。
既に土地が決まっているなら敷地調査を行い、顧客の希望のプランを作り上げていきます。細部まで仕様の打ち合わせをし、間取りや設備、外観などを決めていきます。
プランが完成したら見積もりを提案。そこから顧客が検討するというような流れのようです。

投稿日:

理想のマイホームは七呂建設で手に入れよう

マイホーム作りはハウスメーカーに相談することから始めよう

マイホームを購入する場合、まずは土地探しから始める人も多いのではないでしょうか。立地条件の良い土地を探したいと思い、不動産会社に土地探しを依頼しますが、ハウスメーカーに相談してみると、より多くの情報を得ることが可能になるようです。
ハウスメーカーが販売する予定で購入している土地がある場合や、他の不動産会社から情報を探り土地を探してくれることもあります。
また、最初からどのハウスメーカーで家を建てるか決めておくと、総予算についての相談もできます。建坪を決めておき、どの商品を購入する予定かなどを話しておくと、予算内で購入できる土地の場所を決めることも可能になってきます。
土地の広さは譲ることができても、建物の広さは譲れないと考える人も多いので、まずはハウスメーカーで相談して、それから土地探しをしたほうが効率的かもしれませんね。

マイホームは機能性を重視すること

マイホームのプランニングをするとき、見た目の華やかさに目を取られてデザインばかり重要視してしまうこともあります。しかしデザイン性の高い住宅というのは、その分だけ機能性が劣る可能性も否めません。
オシャレなデザインハウスは実際に暮らし始めると不便なことが多く、毎日の生活にストレスがたまってしまいます。
たとえばコンセントの数が少なくなってしまうと、見た目にはスッキリするかもしれませんが、いざ利用する場合は延長コードを利用しなくてはなりません。
デザイン性を優先させたつもりが、延長コードを引いたままの状態だと、お世辞にもオシャレな住宅とはいえませんよね。
また、見せる収納が流行していますが、こまめに掃除できる人でないとほこりがたまってしまい、逆に汚く見えてしまいます。自分の性格も考慮し、掃除が苦手だと考えるなら見せる収納よりドアがついて隠せる収納のほうが、見た目はスッキリします。

ハイクオリティなのにリーズナブルな価格の七呂建設

鹿児島でマイホーム作りをするなら、実績の高い七呂建設がおすすめなのではないでしょうか。七呂建設は半世紀以上もの実績と培った技術、それにイシンホームの商品力が加わり、ハイクオリティでリーズナブルな住宅を七呂建設は提供しています。
七呂建設は鹿児島でも着工棟数がトップクラスで、全国でも成長率が高いハウスメーカーとして評価されています。
七呂建設は鹿児島エリアのみならず、熊本や宮崎まで事業を拡大しており、南九州エリアを代表するハウスメーカーとして成長しているようです。
顧客から信頼を得ている七呂建設は、今後もエリアとシェアの拡大を続けていく予定なので、さらに大きな企業へと発展することも考えられるでしょう。

投稿日:

反響型営業をする七呂建設

効率の悪い営業は行っていないハウスメーカーが多い

ハウスメーカーの営業職というと、新規顧客を開拓するためにひたすら電話をかけたり、飛び込み訪問などをしているイメージがありますが、最近のハウスメーカーではあまりそうした営業を行うことはありません。
費用対効果が期待できないため、もっと効果の期待できる営業方法をと取り入れているハウスメーカーがほとんどではないでしょうか。とはいえ、もちろん今でもそうした営業スタイルを続けている会社もありますが、労力をかける割には結果は期待できないことが多いでしょう。
最近ではモデルハウスや展示場などのイベントで、接客をすることから営業を始めるという会社も少なくありません。
興味のない顧客にしつこく営業をかけても逆効果で、自社の評判を落とすことにもつながりますので、興味を持った顧客に対してだけアプローチをする営業法がメインとなっています。
顧客から問い合わせや相談を受け、そこから営業がスタートします。顧客との相性もありますので積極的でない場合は、無理なアプローチを行わないのがほとんどのようです。

ハウスメーカーの営業はコミュニケーション能力が必要

ハウスメーカーの営業は展示場やモデルハウスでの接客がスタートとなることが多いので、基本的にコミュニケーション能力が高くなければ契約につながることはありません。
顧客が何を求め、何を聞きたがっているかというのを、コミュニケーションをはかりながら相手の真意を探っていきますので、顧客との時間を楽しく過ごせない営業マンだと、結果につながらないことが多いでしょう。
ハウスメーカーの営業に限らず、営業は相手の心を開かせることができなければ契約につながりません。顧客の要望を聞き、一緒に家づくりをしていくという姿勢を見せることで、心を開いてくれるのではないでしょうか。

七呂建設は反響型営業がほとんど

南九州エリアでマイホームをたてるなら、七呂建設を検討してみてはいかがでしょう。七呂建設は鹿児島で知名度が高く、着工棟数も鹿児島でナンバーワンを誇る会社です。
七呂建設は1960年に創業された老舗ハウスメーカーなので、鹿児島での工事実績もトップクラスです。七呂建設は熊本や宮崎などへも進出し、事業を拡大中です。加盟しているイシンホームの中で、七呂建設が完工棟数実績1位を獲得した記録もあります。
七呂建設では顧客からモデルハウスや店舗に来店することがほとんどなので、営業から顧客にアプローチをかけることはないそうです。興味をもった顧客だけに対応するので、営業職のストレスも少ないようです。

投稿日: